先生(テューター)とは テューターの一時間 先輩テューターの声 教室開設の流れ 資料請求 説明会日程
TOP >  先生の募集 > 先生(テューター)とは
先生の募集

先生(テューター)とは

ラボ・パーティの先生
子どもたちの心を開き、ひとりひとりの個性やエネルギーを引き出す。

子どもたちが外国語を学ぶ上で一番たいせつなのは,心が開放され、エネルギーが全開されている状態です。 自分を開放できるからこそ、子どもたちは英語の世界に全力で向き合っていけるのです。
のびのびできる雰囲気をつくって、子どもたちの個性やエネルギーをいっぱい引き出してあげてください。

英語への興味を抱かせながら自主性や総合的な能力を伸ばす。

ラボ・パーティの先生には、子どもたちに「どうしてそう思ったの?」と尋ねたり、逆に子どもたちの 「なぜ?」に応えられるきめ細やかな日本語能力が必要です。
子どもたちとの会話のやりとりで「一方的に教え込む」のではなく「自ら気づく」ように育み、 子どもたちの想像力、表現力を引き出してあげてください。

母語を使うことで子どもたちがのびのび学べる環境をつくる。

いわゆる“ネイティブ講師”につくと子どもたちが緊張したり、おどおどしたりするとはよく聞く話ですが、それは安心して自分を出し合える関係になりにくいからでしょう。
お互いの共通語である母語を通して、細やかに気持ちを交換し、子どもたちがリラックスできる環境を作ってあげてください。

ラボ・パーティの子どもたちにとって先生は「もう一人のお母さん」

子育て経験等で母性のイメージを持つ先生は、子どもたちに安心感を与えます。子どもたちがリラックスできる環境を与え、 「教える」というより「導く」という立場で、子ども一人ひとりの気持ちをくみとり、 理解し、必要に応じて適切な励ましやアドバイスをするなど、 「もう一人のお母さん」としてやさしくサポートしてあげてください。

先生の募集 資料請求はこちら
会員についてのお問合せ 0120-080-743
関連リンク
(公財)ラボ国際交流センター
ラボ日本語教育研修所
森のロッジ村 ラボランドくろひめ
ラボ・テューター専用ホームページ(テューターSNS)
ラボ教育センター出版局
ひろば@LABO
 
Labo Partyの特徴 会員になるには 無料体験・資料請求 教室を探す ラボ・パーティの絵本 先生の募集
お問い合わせ 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ リリース情報 会社情報
Copyright 2005(c) Labo Teaching Information Center.All Right reserved.