Home > 特集ページ

特集連載
第7回
Labo, "The Very Hungry Caterpillar" and me
『はらぺこあおむし』でラボっ子と

2011/5/1

a

The Labo Intern Program is a program in which foreign youths between the ages of 18-25, are given the chance to live, work and experience Japan for one year. Every year 5-6 youths from countries such as America, Canada and Australia come to Japan on this program, with over 150 youths participating since its inception in 1987.

ラボ・インターンプログラムは18歳-25歳の海外の青年を対象にした、日本語語学研修と日本文化研修を柱とした相互交流プログラムです。1987年にスタートし,毎年5、6名のインターンがアメリカ・オーストラリア・カナダなどの国ぐにから来日し,いままで延べ150名のインターンが日本の青少年との交流を重ねてきました。

During the year, Interns stay with several host families, while attending Labo Party gatherings and interacting with a variety of age groups from kindergarten students to adults. They are also involved in one of the seven Labo Camps around Japan, and assist with the In-Japan Youth Exchange Program. Interns are also required to study Japanese and complete a Cultural Project on some aspect of Japanese Culture.

インターンは,日本の家庭に一年間ホームステイをしながら日本語学校に通ったり,各自が決めたテーマに沿って日本研究をします。また全国各地にあるラボ・パーティを訪問し、幼児から小学生・中学生・高校生・大学生、保護者といった幅広い日本の青少年やおとなと交流し、国内に7か所あるキャンプ場で開催される青少年の国際交流プログラムを企画・運営もしています。

Many interns who have participated in this program, have gone on to work in many different Japan related fields around the world.

このプログラムを経験した多くのインターンが、さらに日本に興味を持ち、日本と関連がある仕事について世界で活躍しています。

Here we would like to share the stories of several past and present Interns. Stephanie Maynard, an Intern in 1995-1996 has written about some of her experiences.

今回は、そのなかから1名、ステファニー・メイナードさんにインターンのころの思い出と、現在の仕事について書いていただきました。

a Fifteen years ago, I set out on an experience that would change my life forever. In September of 1995, I travelled to Japan to participate in the one-year internship program with Labo. Previously I had been involved with Labo by hosting Labo kids and participating in the one month summer program to Japan. However, nothing could prepare me for my internship.

いまから15年前に,私は私の人生を変えてしまうような経験をしました。私は1995年9月に日本に行き,ラボ・インターンという1年間のプログラムに参加しました。これまで,ラボっ子(ラボ会員)をホームステイで受入れたことがありますし,私も1か月間,日本にホームステイしたことがあります。そんなこともあってインターンに応募しましたが,出発前にはこれからどんなことが起こるのだろうかと,期待と不安で胸がいっぱいになりました。

One of the biggest responsibilities for interns is attending Labo Parties. I enjoyed talking with the Labo Tutors and planning the party. Singing with the children was always a highlight too. However, my biggest memory was of the story "The Very Hungry Caterpillar".

インターンの一番大きな仕事は,ラボ・パーティの訪問です。訪問の前にラボ・テューターと話したり,パーティの内容を企画するのは,とても楽しい仕事でした。子どもたちといっしょに歌うのは,一番の思い出のひとつです。そのなかでも最高の思い出は『はらぺこあおむし』のお話にまつわるエピソードです。

a The year I was an intern, this story was very popular in the US (and I quickly learned it was popular in Japan too). It is a great little story that teaches kids, days of the week, numbers and fruits. I created a little green sock puppet and made little cut outs of all the foods he ate in the story. I thought this would be a great way to help teach some simple English. My plan was just to perform this story at some of the Labo Parties, but once the Tutor's heard about this, they all requested it. I ended up doing this story at every single Labo Party I ever visited!

私がインターンだった頃,このお話はアメリカで大人気でした(あとで,このお話は日本でも大人気だったことがわかりました)。このお話はすてきなお話で,子どもたちが英語の曜日や数字,フルーツの名前を覚えることができます。関西で働いたときには,私は,緑色の靴下で青虫の人形を作って動かし,紙でつくった食べ物を食べさせながらお話たどりをしました。かんたんに英語を教える道具としてはいいのではないかと思いました。時どきパーティで披露すればいいと思っていましたが,どのテューターもやってほしいといってくれ,結局,訪問した全部のパーティで,やることになりました。

What was even more amazing is that when I moved from the Kansai to Chiba, the Chiba Labo Tutors already knew about my performance of the "The Very Hungry Caterpillar." My host mom (Ozone Tutor) gave me the book in Japanese and I learned to read it in Japanese as well. To this day, I still have the Japanese version of the book and read it to my own children.

驚いたのは,関西から千葉に移動したら,千葉のテューターが,すでにこのパフォーマンスをご存知だったことです。私のホスト・マザーの小曽根テューターが,日本語版『はらぺこあおむし』をプレゼントしてくれました。おかげで私はこの人形劇を日本語版でもできるようになりました。いまでも私はその日本語版の絵本をもっており,自分の子どもに読みきかせをしています。

When I left Japan after my internship, I never dreamed that I would return for any length of time other than maybe a visit. However, I found myself back in Japan in 2001 working for Labo. One of the most rewarding times of those three and half years was getting the opportunity to work as the intern coordinator. I think the internship program is such a wonderful experience, and being able to help other interns have a great year in Japan was such a rewarding opportunity.

インターンシップが終わって日本を去った後、私は遊びのために来ることはあっても,まさか仕事で日本に来るようなことがあるとは思っていませんでした。ところが,2001年,私はラボの職員として戻ってくることになったのです。ここで働いた3年半でとてもやりがいがあった仕事は,インターン・コーディネイターです。私は,インターン・プログラム自体をいいプログラムだと思っているので,参加するインターンたちを助けて意義深い経験をしてもらうようにコーディネイトすることは,私にとってとてもうれしいことでした。

Now that I am back in the states and have my own family, I still see Labo working in my life. I recently began helping with the New England Homeschool Program, and as I help find host families, I am constantly reminded of my host families as an intern. As I begin talking with potential host families, I constantly find myself reflecting on my own experiences.

その後,私はアメリカにもどり自分の家族をもちましたが,今でもラボとは関わりをもっています。ニューイングランド・ホームスクールとの交流で、ホストファミリーを探すお手伝いをしています。その活動をしながら自分のインターン時代のホストファミリーのことをよく思い出します。ホストファミリーの候補の方とお話をしながら、ときどき自分の経験を振り返ります。

Labo has been a big part of my life and will continue to be a part of my life for years to come.

ラボは自分の人生の大きな部分を占めています。私はこれからも、ラボと関わっていくのではないか,と思っています。

バックナンバー

バックナンバーでは,英語や子育て,国際交流,物語,キャンプ,劇活動など,豊富な分野にわたって,専門の方々に語ってもらっています。 興味のある方はこちらからご覧下さい。

特集連載バックナンバー

ラボ・パーティ ビデオクリップ
ラボ・パーティ(プレイルーム)の実際の活動の様子を動画でご紹介します。
 
Member Information

夏のくろひめファミリーキャンプ終了報告

2017.8.14

くろひめ5班終了報告

2017.8.11

ニセコキャンプ終了報告

2017.8.11

だいせんキャンプ2班終了報告

2017.8.9 ラボ・サマーキャンプだいせん2班は無事終了しました。 参加者数:376名 シニアメイト・スタッフ数:60名 合計:436名 台風の影響でプログラムを大幅に変更しましたが、 大きな怪我や病気もなく楽しく活動することができました。 感染症の発生もありませんでした。