Home > 特集ページ

特集連載
第19回
有意義なホームステイを

2012/9/10

アメリカ・ウィスコンシン州から来日したSheila Fillmoreさん

 ラボ国際交流では,毎年約100名のアメリカ・カナダの青少年が来日し,全国のラボ会員宅に1か月間ホームステイをして日本文化を学びます。そのうち20名〜30名が,さらに約1か月前に来日し,首都圏のラボ会員宅にホームステイしながらラボ日本語研修に参加します。近年,日本のアニメや漫画,ゲームが海外でも人気があることも影響し,参加する青少年たちは熱心に日本語を学んでいます。
 今年6月,このプログラムの引率者として,アメリカ・ウィスコンシン州から来日した,Sheila Fillmoreさんに,日本の印象や研修に参加した青少年のようすなどをうかがいました。また異文化の家庭で生活を共にするためのアドバイスもいただきました。Sheilaさんは,ラボが40年以上にわたり交流しているアメリカ・カナダの青少年教育団体4-Hクラブに,長年ボランティア・リーダーとして関わっています。4-Hクラブでは,8歳から19歳までの青少年が農業,機械,コンピューター,美術などの幅広い分野から課題を選んで学び,その実践を通して将来のよき市民としての人格,統率力,指導力などを身につけることを目標としています。

 

New experiences in Japan
 I’ve been to the countryside with my host family and I got to see some beautiful scenery. And I learned more about Japanese history and culture from going to some museums. Riding on the trains has been an experience. It’s efficient but very busy and crowded. I’ve been like a sardine in a very full can sometimes and it is quite interesting having more sardines added (laughs). I’ve also been driven places; it was very busy and a bit scary going so close to all the people, bikes and motorcycles. Anyway, transportation is a challenge. The people have been so nice, so kind and helpful and interesting to talk to. I’ve enjoyed getting to meet many Japanese people.

日本ならではの体験はありましたか?
 私はホストファミリーといなかへ行き,美しい景色を楽しみました。また博物館などでは日本の歴史的,文化的なことを学ぶことができました。電車に乗ることはとても興味深い体験でした。電車はとても効率的ですが,本数も多くたいへん混雑しています。私はまるで缶詰のイワシのようにぎゅうぎゅう詰めにされていました。そしてさらにまたたくさん乗り込んできて・・・(笑)。車でもいろいろな所へ行きましたが,人や自転車,バイクのすぐ近くを通ることが少し怖かったです。とにかく日本の交通手段を利用することは,私にとって挑戦でした。多くの日本人とよい出会いがありましたが、日本の人々はとても優しく親切で、話していてとても楽しかったです。

 

About LABO Nihongo class
 For the first four weeks of my trip, the student delegates and I attended Nihongo classes in Tokyo to learn about the Japanese language and culture. We stayed with a host family during that time. In Nihongo classes, teachers have been really creative working with the students. We had a lot of different activities using various learning techniques which help engage different kids who learn in different ways. That’s been good. We have been to Asakusa, Harajuku and a tea ceremony as a field trip. On each field trip, we had assignments to try to encourage us to talk in Japanese to Japanese people to find out answers to questions. That was very interesting.

ラボ日本語クラスについて
 はじめの4週間,来日した青少年たちと私は,ホームステイをしながら東京で日本語の授業を受け,日本語と日本文化を学びました。先生方はとてもくふうを凝らした授業をしてくれました。子どもはそれぞれの学び方が違うので,いろいろな学習方法による活動は子どもたちの興味をひき,とてもすばらしいものでした。また,浅草や原宿,茶道体験などへ出かけましたが,その道中で,私たちは日本人に日本語で話しかけることで設問に答えるという課題に取りくみました。これもとてもおもしろ い体験でした。

 

Comments on Experiences of delegates
 Many of them got lost (laughs). It was interesting hearing how they figured out where they were going. At first they were helped to learn their travel routes by their host families; after that they were able to figure out where they go mostly on their own.
 A lot of the delegates who came here are interested in Japanese clothing fashions, anime,manga,and... the language and the food. They are very interested in Japan, so I was excited as their chaperone to watch and see what they are learning and thinking about it. Most of the students had a good time with their host families. They enjoyed going places together, eating meals together and just hanging out with the family doing normal family activities. Some students wish that their host siblings were around more. A lot of Japanese kids are very busy with studies or sports and the delegates don’t get to see them as much as they would like.

来日した青少年のようすについて
 彼らのほとんどが道に迷いました(笑)。どうやって彼らがたどり着いたかを聞くのは興味深いものでした。はじめはホストファミリィに行き方を教えてもらい,だんだん自力で行きたい所へ行けるようになりました。
 彼らの多くが日本のファッションやアニメ,マンガ,そして日本語や日本食に興味があります。私はシャペロンとして彼らが日本のなにを学び,どんなことを思うのかをみるのがとても楽しみでした。彼らはホストファミリィとすてきな時間を過ごしました。いっしょに出かけたり,食事をしたり,特別ではないふだんの家族の生活を楽しみました。ホストのきょうだいともう少しいっしょに過ごせたらいいな,と思った人もいるようです。日本の子どもたちは勉強やスポーツに,とても忙しいですね。

 

Most important thing for sharing life with a family from different culture
 Be flexible. Know that you are going to make mistakes and not understand each other. For both the visitor and the host, be ready to give and take; try to communicate in another way.
 Be willing to try new things, such as new foods, a new schedule, new words, new places. I also think it is... important to not insist on doing things in a certain way because that is how you have always done it. Know things can be done in a different way than you are used to. I think that being curious is helpful, too.

異文化の家族とともに生活するためにたいせつなことは?
 まず,柔軟な姿勢でいること。失敗することやお互いに理解し合えないこともあるということを知っておくこと。そしてホームステイする方も受け入れる方も,“give and take”であることを認識し,お互いにいろいろな方法でコミュニケイションをはかろうとすることがたいせつだと思います。また,新しいこと,たとえば新しい食べ物,計画,ことば,場所に積極的に挑戦すること。それから,ふだん自分がしていることに固執しないこともたいせつだと思います。ふだんと違う方法で物事がなされてもいいんだと知っておくことがだいじです。好奇心をもつこともホームステイを楽しめることにつながるでしょう。

 

Message for the Japanese delegates and host families
For the Japanese delegates;
 Beside hosting with my family, I have met and visited with many host families who have hosted Japanese students. So I have heard a few suggestions. Work on using your English. Do not be afraid to make a mistake. You know more English and will do better than you think. The host families are very patient and will try to help you. Expect that your host family will want to show you many things about their culture, teach you things and take you places. Some families who are involved with 4-H, may take you to the 4-H fair, 4-H club meeting or 4-H project meeting. Those are good places to get to know more people. And your host families will be very excited about you cooking for them. That is always a high light. So be ready to cook something. Lastly, be yourself and enjoy yourself!

For the Japanese host families;
 First, thank you very much. That is very kind of you to open your home to the delegates. Please treat them like your own kids and live your life like you normally do. The youth want to experience real Japanese life. A lot of them want to learn how to cook Japanese foods. Teach them things like origami and games that you play here. Have fun with them.

これからホームステイをする日本の青少年と,海外の青少年を受け入れる日本のホストファミリィへのメッセージをお願いします
日本の青少年へ;
 私は日本の子どもを受け入れたことのある,たくさんの家族に会いました。彼らに聞いたアドバイスをいくつか紹介します。まず,がんばって自分の英語を使ってください。間違えることを怖がらないでください。なぜならみなさんは,自分が思っている以上に英語を知っているし,英語を使うことができるのですから。ホストファミリーは根気よくみなさんのことを理解しようとしてくれます。ホストファミリィは彼らの文化を紹介してくれたり,いろいろなことを教えてくれたり,いろいろな所へ連れて行ってくれるでしょう。4Hメンバーの家庭ならば,4Hフェアや4Hクラブの集まりにも連れて行ってくれるかも知れません。たくさんの人に出会うチャンスですからぜひ積極的に参加してください。それからホストファミリィはみなさんに日本食を作ってもらうのを楽しみにしています。これはいつでもホームステイのハイライトですね。なにか作れるように準備していくといいと思います。最後に,自分らしく,楽しんできてください!

日本のホストファミリーへ;
 まずはじめに…海外からの青少年を受け入れてくださり,たいへんありがとうございます。彼らにはご自身の子どものように接し,みなさんのふだんの生活をしていただけたらうれしいです。子どもたちはありのままの日本の家庭生活を体験したいと思っています。そして多くの子どもたちが料理の作り方や,みなさんがふだん楽しんでいる折り紙やゲームなどについて知りたいと思っています。ぜひ子どもたちの受入れを楽しんでください!

バックナンバー

バックナンバーでは,英語や子育て,国際交流,物語,キャンプ,劇活動など,豊富な分野にわたって,専門の方々に語ってもらっています。 興味のある方はこちらからご覧下さい。

特集連載バックナンバー

ラボ・パーティ ビデオクリップ
ラボ・パーティ(プレイルーム)の実際の活動の様子を動画でご紹介します。
 
Member Information

くろひめ5班終了報告

2017.8.11

ニセコキャンプ終了報告

2017.8.11

だいせんキャンプ2班終了報告

2017.8.9 ラボ・サマーキャンプだいせん2班は無事終了しました。 参加者数:376名 シニアメイト・スタッフ数:60名 合計:436名 台風の影響でプログラムを大幅に変更しましたが、 大きな怪我や病気もなく楽しく活動することができました。 感染症の発生もありませんでした。

くろひめ4班終了報告

2017.8.7