Home > 特集ページ

特集連載
第14回
国際キャンプ会議とラボ

2012/1/26

師岡文男/もろおかふみお

 2011年11月初旬,香港で「第9回国際キャンプ会議」が開催されました。この会議には,ラボ東北支部の大学生4名をはじめラボから6名が参加し,東日本大震災の被災と復旧・復興に立ち上がる体験を報告しました。
 今回は,この国際キャンプ会議の主催団体である国際キャンプ連盟(ICF)に創設時より携わってこられた師岡文男先生(上智大学教授,専門は野外活動,野外教育)に,「国際キャンプ会議とラボ」というタイトルで,ワークショップやプレゼンテーション,通訳で活躍するラボ会員,テューターのようすや,師岡先生が監修された『楽しくチームビルディング――チームワーク向上のためのハンドブック』(Dr.Jim Cain & Dr.Tom Smith著,ラボ教育センター刊行)の紹介をお届けします。師岡先生は,財団法人ラボ国際交流センターの評議員で,ラボ・キャンプの野外活動プログラムにも,永年にわたりご助言をいただいています。

 2011年は,世界で最初の青少年教育を目的にした組織キャンプがアメリカのコネチカット州のGunnery Schoolで始まってから150周年の年でした。ちなみに,日本で最初の教育的組織キャンプは,今から105年前の1907(明治40)年7月21日から3週間,神奈川県片瀬海岸で行なわれた学習院遊泳演習で陸軍大将の乃木希典学習院初等中等科院長の発案で行なわれたテント生活であり,この年は奇しくも,イギリスでバーデンパウエル卿がボーイスカウトを創設した年でもあります。

 このように,ラボが1966年から外国語教育と共に積極的に取り組んできた組織キャンプには長い歴史があり,いまや世界中に普及し,自然に対する理解とともに,人間に対する理解を深める重要な国際的教育活動となっています。世界各国の組織キャンプの指導者たちが集まり,交流し,情報交換をし,研修する機会として始まったのが国際キャンプ会議(ICC)で,私はその主催団体,国際キャンプ連盟(ICF)の創立に関わりました。第1回ICCは1983年にカナダのトロントで始まり,第2回は1987年アメリカのワシントン,第3回は1994年に再びカナダのトロント,第4回1997年ロシアのサンクトペテルスブルク,第5回2000年日本の東京,第6回2003年オーストラリアのメルボルン,第7回2005年メキシコのメキシコシティー,第8回2008年カナダのケベックと回を重ねてきましたが,私は第5回会議を東京に招致し,組織委員会事務局長を務めました。また,第6回会議の際,私はアジア・キャンプ連盟(ACF:2007年にアジア・オセアニア・キャンプ連盟<AOCF>に改称)を創立することを提案,2004年にモンゴルのウランバートルでACF設立式典を行ない,第1回アジア・キャンプ会議(ACC:2007年にアジア・オセアニア・キャンプ会議<AOCC>に改称)を開催しました。ACCは,ICCが開催されない年の開催を原則とし,第2回は2006年にマレーシアのぺラ,第3回は2009年に台湾の台北で開催してきました。第4回AOCCはICCの開催地が見つからなかったため,第9回ICCと合同で,2011年11月4日〜7日の4日間香港で開催されました。

 ラボと私の出会いは,この第5回国際キャンプ会議を東京で開催する際,協力をお願いし,ラボ・テューターや大学生コーチ,ラボ・スタッフがワークショップや通訳に大活躍してくださったことに始まります。その後の会議にもラボは毎回必ず参加者を派遣し,ラボのキャンプ活動についての口頭発表やワークショップ発表を積極的に行なって世界中から関心が寄せられています。今回は,東日本大震災のために夏のキャンプ活動ができなかったラボ東北支部の大学生4名と事務局2名の計6名が参加しました。
日本キャンプ協会の金山事務局員のグリーフ・キャンプについての発表の中でのラボ・メンバーによる東日本大震災の被災と復旧・復興に立ちあがるまでの涙ながらの体験談に対しては,会場全員がスタンディング・オベーションで拍手を送ってくれました。また会議期間中,一昨年にロープコースの設計施工と野外活動指導者研修会のため,長野県黒姫高原のラボ教育センターキャンプ場(ラボランドくろひめ)を訪れたジム・ケイン氏のワークショップも行なわれ,さすが体験教育とチームワーク育成の第一人者だけあって多くの参加者を魅了していました。
なお,ケイン氏等の新しいチームワーク育成プログラム「ラクーン・サークル(Raccoon Circles)」の解説書『The Revised & Expanded Book of Raccoon Circles』の翻訳本は,ラボ教育センターから出版されています。ちなみに「ラクーン・サークル」とは,ウェビング(webbing)と呼ばれる幅約2.5cm・長さ約4.5mのナイロン製のテープを使って行なうグループワークの総称で,永年アメリカの野外教育や体験教育の現場で使われ,近年世界各国に広がりつつあります。この本には50種類の活動が紹介されており,ラボ教育センターのスタッフのわかりやすい翻訳と(社)日本キャンプ協会国際交流委員会の監修により,わかりやすく,すぐに実践できるガイドブックとして仕上げられています。

 学士力の筆頭に「コミュニケイション・スキル」が掲げられるいま,言語と非言語,バーバルとノン・バーバル両方のコミュニケイション手段を磨ける外国語とキャンプの両方の活動を融合し,積極的に続けてきたラボの先見性にはいまさらながら感心させられました。そして,何といっても「他者のために」「他者とともに」生きる力を実体験で学べるキャンプ活動を推進してMen and Women for Others, with Others の育成にこれからも邁進してくださることを期待しています。

おはなしをうかがった方
師岡文男
師岡文男(もろおか・ふみお) 野外活動関係略歴
1954年東京都生まれ。筑波大学大学院体育研究科(野外教育学専修)修了後、上智大学 文学部助手、講師、助教授を経て、2000年より教授。保健体育研究室長を2006〜2007 年度・2009年8月〜現在務めている。キャンプ実習を含む全学共通選択演習科目「野外 活動と環境」を担当。1986〜87年イリノイ大学レジャー研究学科客員講師。
1987年国際キャンプ連盟(ICF)設立に参画し、2000年には第5回国際キャンプ会議を 日本に招致、組織委員会事務局長とICF運営委員を務めた。
2004年にはアジア・キャンプ連盟(ACF)の設立を実現させ、初代事務局長に選出され た。2008年にはアジア・オセアニア・キャンプ連盟(AOCF)会長・ICF運営委員に選出 され2期4年間を務め、現在はAOCF名誉顧問。
1991〜09年度日本キャンプ協会国際交流専門委員・98〜00年度同副委員長・08〜09年 度同委員長。キャンプアカデミー2回生、キャンプディレクター1級。
1999年より日本オート・キャンプ協会理事、2004年よりは指導者資格認定委員長も務め ている。2003年より国際自然大学校理事。
2001年から(財)ラボ国際交流センター評議員を務めている。

『子どもとキャンピング』(共著、ぎょうせい)、『オリエンテーリング・ウォークラリー』 (国土社)、『アメリカ人のアウトドア・レクリエ−ション』(翻訳:日本観光協会)、『楽 しくチームビルディング』(監修:ラボ教育センター)他著書・翻訳・監修26冊。
バックナンバー

バックナンバーでは,英語や子育て,国際交流,物語,キャンプ,劇活動など,豊富な分野にわたって,専門の方々に語ってもらっています。 興味のある方はこちらからご覧下さい。

特集連載バックナンバー

ラボ・パーティ ビデオクリップ
ラボ・パーティ(プレイルーム)の実際の活動の様子を動画でご紹介します。
 
Member Information

夏のくろひめファミリーキャンプ終了報告

2017.8.14

くろひめ5班終了報告

2017.8.11

ニセコキャンプ終了報告

2017.8.11

だいせんキャンプ2班終了報告

2017.8.9 ラボ・サマーキャンプだいせん2班は無事終了しました。 参加者数:376名 シニアメイト・スタッフ数:60名 合計:436名 台風の影響でプログラムを大幅に変更しましたが、 大きな怪我や病気もなく楽しく活動することができました。 感染症の発生もありませんでした。